銀行カードローン・キャッシングは様々なシーンで便利

キャッシングは計画的に利用しましょう!

銀行カードローン・キャッシングは様々なシーンで便利

キャッシングは上手く使うと生活でもとても便利に使う事ができます。1年間の間で、忘年会のシーズンや遊びに行きたくなりやすい温かい時期などは出費もかさんでしまいがちです。

ちょっと使い過ぎたという時に、キャッシングがあると、現金をその場ですぐに借りる事ができるので便利です。クレジットカードだと飲み会などでは使えなかったりという事がありますが、キャッシングは現金で借りれるのがメリットです。

また、最近は大学生の方でもキャッシングを上手く利用するという例もあります。大学生の方はアルバイトで生計を立てていると思いますが、アルバイトはお休みが多いと沢山入れますが、大学が忙しい時はあまり入れず、今月は少し少なかったなと感じる月もあると思います。

そういった時にもキャッシングを使えば、ひと月分くらいは乗り切る事ができます。もちろん一度に沢山借りるのは良くありませんが、必要な分だけ借りるのは賢い借り方です。
金融庁ホームページ

また、夏や冬のボーナスが近い時期などにもキャッシングは有効です。少し先にはまとまった収入が入る予定が分かっているため、前持っての返済の計画を立てやすく、前倒しで使いたい用途がある場合に、キャッシングを利用すれば先にその用途で使う事ができます。

もちろんボーナスが出てからは返済のために我慢しないといけませんが、特に夏のボーナス前のゴールデンウイークや夏休み等でのお出かけに少し足りない分をキャッシングで補うという事もできます。

冬のボーナス時も忘年会や新年会で1日の出費が大きくなりがちです。そういった時にもキャッシングを利用すればすぐに現金で借りれるため、クレジットカードが使えない用途の場合にも便利に使う事ができます。

こういった小額のキャッシングで使う方は若い方を中心に最近は増えていて、賢く使えばとても便利です。数万円のキャッシングなら利息分もそこまで大きくはありません。上手く使ってお金に困らない生活を送りましょう。

キャッシングの返済が遅れそうな時はどうする?

人生なにがあるか分からないものなので、キャッシングを申し込んだ際には毎月スムーズに返済しようと思っていたものの、どうしても返済が遅れそう…という月もあるかもしれません。 もちろん、返済が遅れるというのは印象も悪くなってしまうわけなので、できるだけない方が良いです。

もしも返済が遅れそうになってしまった場合は、必ず利用しているキャッシング会社に事前に連絡をしましょう。 返済予定日から何日も経過した上で連絡をするのはおすすめできません。 これは特に評価が悪くなってしまうので注意しましょう。

業者によっては融通をきかせてくれる場合もあるのです。 こちらから連絡をしなかったとしても数日たてば相手側から連絡がくる形となるのですが、これを待っているというのは非常に印象が良くありません。

自分から電話をして、どうしても支払えないからもう少し待って欲しいと連絡をするのと、何の連絡もなしにただ遅れるのとでは印象が違うのは当然ですよね。

返済が遅れそうであることをしっかり謝り、相談をすれば誠実な人だと思ってもらえるでしょう。 連絡をしなければ適当な人、返済する気がないとも思われてしまいかねません。

ほんの数日後に支払うことができるというのであれば良いのですが、1ヶ月以上先になってしまう時にはキャッシング業者も警戒します。 そこで、まずは利息だけを返済させてもらえないかを相談してみるのも良いでしょう。

毎月のキャッシング返済額というのは、元金に利息をプラスした形で設定されているわけですが、利息というのはキャッシング業者にとっての利益です。 とりあえずここだけを支払ってもらえれば何日か待ってくれる業者も多いようなので、相談してみてくださいね。

ただ、こういった対応はあくまで最終的な方法であり、認めてもらえるのも1回のみだと思っておいた方が良いでしょう。 毎月返済が遅れる方などは一括返済を求められてしまう可能性も出てくるのです。

キャッシングでは自分にとって無理なく返済できる金額のみを借りるということを心がけましょう。

キャッシングの自動審査

キャッシングを申し込みたいと思っているものの、正式な審査を依頼する前に自分は審査に通るかどうか確認したいという方もいますよね。 その場合は、自動審査というものを役立ててみてはどうでしょうか。

キャッシングサイトなどでよく「たった3秒で自動審査!」というようなものがあります。 これは、とても簡単な必要事項を入力することにより、借り入れが可能かどうかを判断してくれる便利なサービスです。

どのような情報が必要になるかというのは業者によって違うのですが、一般的には年収や他社からの借り入れ状況、生年月日や独身なのか、既婚なのかといった簡単な入力のみとなっています。

具体的に誰かがその情報をもとに審査をしてくれるというわけではなく、コンピューターが自動審査をしてくれるわけなのでとても気軽に利用できるのも魅力です。

自動審査はどのような形で行われるのかというと、スコアリングというものを元にしています。

例えば、公務員であれば5ポイント、派遣社員であれば3ポイントというようにあらかじめ職業とポイントが設定されており、そのポイントが一定数を超えた方のみ融資可能という結果が出る仕組みです。

注意しなければならないこととして、自動審査の結果というのはあくまで目安であるため、ここで融資可能という結果が出たとしても審査に通るとは限りません。

場合によっては、「入力された情報では融資は厳しいですが、ご相談ください」というような結果が表示されてしまうこともあります。

ただ、申し込みをした際に審査に通る可能性がそれなりにある方は、融資可能という結果が出るケースが多いです。 それなのに審査は少し難しい…という結果が出てしまったということは、ほとんどの場合通らないと思った方が良いですね。

それでもひとまず申し込みください、というような形で書かれているところもあるのですが、審査の通過確率が低いところに申し込みをして申し込み件数を増やしてしまうのも良くないので、他の業者を選択した方が良いでしょう。